出会い系,体験集,PCMAX,,ハッピーメール,ワクワクメール,Jメール,イククル,YYC,華の会

出会い系イククル実体験1

2回目のデートで半処女とセックス 30代前半


60:2回目のデートで半処女とセックス 30代前半 930

30歳の孝美という女性と会ってきました。正直写メの交換もNGだったので、嫌な予感はしていたのですが、予想とおりの地雷に限りなく近い感じの女性でした(T_T)
ただ私も気が小さいタイプの人間ですし、その場でタイプじゃないからゴメンネとはいえません。作り笑顔のまま一通りドライブをして、他の人にあまり見られたくないので個室がある居酒屋で食事をしてサヨナラしました。
本当なら、これで二度と会うことはないのですが、この孝美という女性にはどうしても気になっていることがあり、なんと二度目のデートをすることになりました。
その気になっていることと言うのは、孝美に自己紹介プロフにこんなことが書かれているのです。
「孝美のプロフ=わたしは30歳にもなって今まで一人の男性としかお付き合いをしたことがありません。その彼とは19歳〜23歳までお付き合いしていたので、もう7年以上も男性とお付き合いしていません。軽い気持ちでお付き合いすることもできなければ、セックスすることもできません。それでも良いよって男性の方いましたらメールください」
そうなのです、つまり私の勝手な予想になるのですが、孝美は今まで男性経験1人しかなく、それも7年間処女状態ではないかという疑問です。
私は20代の頃に2回ほど10代の処女とセックスをしたことがあるのですが、そのときの痛がる素振りや恥ずかしそうにフェラする素振りが今でも忘れられないのです。
つまり孝美がほぼ処女状態であれば、なんとかセックスしたいという下心があったのです(笑)
孝美は私が予想していたように、経験人数は1人で、7年間処女状態でした。
でも、2回目のデートでホテルに誘うと、思っていたよりもあっけなくセックスできてしまいました。もちろん、付き合うなんて一言も言っていないです。
7年ぶりのセックスが相当気持ちよかったのか、それとも前の彼氏がヘタクソだったのかしりませんが、孝美はこのとき人生初のイクという体験をしたそうで、同時に初潮吹きもしていました。
挿入するときも若干痛がっていましたが、昔やった処女ほどではありませんでした。
ルックスは完全に好みじゃないんですが、もう少し調教したい気持ちもあるので、3回目のデートに誘うか迷っている日々です。

 

 

玩具大好きバツイチ熟女


61:お酒を飲むとしたくならない?と誘ってきた同級生の女 809

私みたいに小さな街に住みながら出会い系サイトを使っていると、時として出会いたくない女性に出会ってしまう場合もあれば、知り合いや同じ学校の女性に出会ってしまう場合も稀にあります。
実は過去にも援交で待ち合わせしたら、リアル友達の女性が来てしまったことや、中学時代、私に好意を持ってくれていた違う学校の女性に○○中学の○○君だよね?と言われたこともありました。
そして今回ついに同じ中学の同級生だった女性に遭遇してしまったのです。
私が住んでいる市町村には中学校が全部で10〜15校くらいしかありませんので、いつかはこうなると薄々思っていました。でも、今回救いだったのは待ち合わせをして同級生だと気付くのではなく、メールの段階でお互いのことを気付けたことです。
そして、実際に2人でご飯に行くことになるのですが、正直わたしにも彼女にもセックスする気なんてなかったと思います。いや少なくとも私には少しもそんな気持ちはありませんでした。
本当に「懐かしいね。せっかく再会したのだからご飯でも食べながら昔話でもしようか?」くらいの軽い気持ちでご飯の約束をしたのです。
最初の1時間くらいはご飯やお酒を飲みながら昔話に花を咲かせていました。「○○君は○○ちゃんのコトが好きだったんだよ」とか、「○○と○○は中学のときにセックスしたらしいよ」なんて話です。しかし、どんどんお酒が入るとスケベな話もエスカレートしていきました。最近の性生活や自分の性癖の話などです。
すると彼女がおもむろに「ねぇ、お酒飲むとしたくならない?」と言ってきたのです。
当然、これは誘われているなと気付きました。多分ここで俺が断れば彼女も冗談で済ませる気だったと思いますが、私は「今、すでにしたいかも」って言ってしまいました。
この後は結局同級生といえども男と女だったのだと思い知ることになりました。
ちなみにですが、この彼女は私が中学のとき2年間付き合っていた女性の親友です。

 

援交 剛毛すぎる人妻 30代前


62:援交 剛毛すぎる人妻 30代前 975

ちょっと前までは10代や20代前半くらいの若い女性がタイプだったけど、最近は20代後半くらいから35歳くらいまでのミドル女性を好むようになりました。
今回割り切って遊んできた女性も「33歳、身長167cm、ロングヘアー、人妻」という典型的なミドル世代でした。
写メを見た感じでは、10代の頃は少しヤンチャだったのかなという名残が残っている昔風に言うなら「ヤンママ」って奴でしょうか。
30歳を過ぎると割り切り条件もけっこう緩くなっているので、交渉をすればさらに安くしてもらえるケースが多いですね。今回のヤンママ人妻も最初はホ別の苺を希望していたけど、今時10代の女性でもイチニかイチサンくらいが相場だよということ、いっきにイチニまでプライスダウンしました(笑)
俺の経験からするとこの手の女性は最悪イチまでならと覚悟をしているはずなので、その裏をかくつもりで、ホ込みのイチニで交渉すると少しグズッたけど、なんとか交渉成立です。ホ代が休憩で3,500円くらいなので、実際にはかなりお得なはずです。
ただし、簡単に値引きさせてくれる女性はたいていハズレというケースが多いんですけどね(笑)
女性も車で来るというので、近くの大型薬局店の駐車場で待ち合わせしたのですが、彼女の車種を聞くと贅沢にもBMWだというではないですか(笑)
BMWに乗ってて援交するなよ!!と思いながらも待ち合わせの場所に行くと、確かに聞いてた色のBMWが停まっています。隣に車をつけ声をかけようと覗き込むと結構な美人だったので「おぉ!!当たりジャン」と思いました。
BMWは目立つのでこっちの車でホテルまで移動することにしました。見た目ヤンママっぽいけど、性格は明るく、礼儀もあるので以外にも自己採点80点超えという当たりパターンです。
しかし、ルックスは程よく良かったのですが、ひとつだけ欠点をあげるなら、アソコの毛が濃すぎです(笑)笑いごとのように聞こえるかもしれないですけど、実際にあれだけ無処理のアソコを見せられると興奮も一気に冷めてしまいます。なので、発射するまでにいつもの倍の時間は掛かったと思います。なかはか発射できなかったので、最後はアソコを見えないようにバックの体位でフィニッシュしました。アソコのお手入れさえキチンと出来ていればトータル80点超えだったのに勿体無いなと思いました。

 

援デリ 30代後半でも可愛らしい人妻


63:援デリ 30代後半でも可愛らしい人妻 863

援デリなんですけど、めっちゃ可愛い人妻をゲットしちゃいました。
あんま金もなかったし、時間も無かったから援デリでもいいやと思い、それを承知でメール交渉して、90分1万で会うことにしました。
やってきたのは、30代の小柄な女性です。顔は幼い感じのロリフェイスです。
きっと10代の頃は可愛くてモテまくっていたという感じの人妻でした。
彼女とにかくドMなんです。ホテルに着くまでの車の中でもずっとベタベタと甘えてくるし、運転中なのに信号で止まるたびにキスをせがんでくるし、根っからの甘えん坊体質なんだでしょうね。
俺は根っからのドSですけど(笑)
ホテルに付いてからの俺と彼女のやり取りです。
俺「玄関入ると激しくキス」
彼女「俺のキスに応える感じで激しく舌を入れてくる」
俺「ここで舐めて」と玄関ドアを入った付近でフェラを要求
彼女「躊躇することなく濃厚なフェラ」
俺「風呂も入ってない男のチンポでも平気で舐める女なんだ?」
彼女「違うよ。今日だけ特別だよ。だってタイプだからしたかったんだもん」
俺「タイプなら俺の言うことなんでも聞けるよね?」
彼女「うん、何でも言うこときく」
俺「服は脱がずにパンツだけ脱げ」
彼女「はい」
俺「ベッドに手をつけてお尻こっちに突き出せ」
彼女「このままするの?ゴムは?」
俺「ゴム着けなきゃ嫌だというなら、キャンセルしてもいいぞ」
彼女「じゃあ、外に出してくれる?」
俺「そのときの気分次第かな。早く尻突き出せよ」
彼女「はい。」
彼女はバックで入れられながらもずっと「ねぇ、外に出してね。ねぇお願いだから外にだしてね。本当に今日は危ない日だからお願いね」と懇願していたよ(笑)
もちろん、俺も援デリ女に中出しなんてするはずもないので、外にちゃんと出したけど、その代わりクチで受け止めるように命令して、クチの中に精子が残っている状態でそのままフェラでもう1発抜くように命令したった(笑)
フェラの最中で「おぇ」とか「ごふぅ」とか嗚咽交じりの感じになっていたけど、きっとクチのなかの精子をフェラしている最中に何度か飲んじゃったんだと思う(笑)

 

名器すぎる女 数の子天井・ミミズ千匹


64:名器すぎる女 数の子天井・ミミズ千匹 978

出会い系サイトのイククルで知り合った30後半のオバサンと、セフレの関係を今でも続けている社会人1年目の23歳です。
出会い系サイトは大学時代に友達から教えてもらって、ちょくちょくお世話になっているのですが、普通は同年代の女性をターゲットにしています。
でも、この30後半のオバサンだけはどうしても付き合いを切れないので困っています。
どうして困っているのかというと、こんな僕にも晴れて彼女が出来たからです。
彼女は同じ職場の2つ年上の女性なのですが、付き合いだして1ヶ月というラブラブな時期です。その彼女が結構疑い深いタイプの女性で、浮気をしていないか心配らしく携帯とかをすぐにチェックしようとします。
もちろんオバサンよりも彼女の方が大事に思っているのは当然なんですが、どうしてもそのオバサンとのセフレ関係を終わらせることが出来ずに本当に悩んでいます。
そのオバサンと知り合ったのは社会人になってスグのころだったので5月くらいだった記憶があります。それから約4ヶ月くらい月に2度ほど会ってはセックスをしています。
どうしてそのオバサンとの関係を終わらせることができないのか?気になると思いますが、実はこのオバサンのセックスが尋常じゃないほど気持ちいいからです。
もしかすると、たまたま僕のチンコとオバサンのアソコの相性が抜群に良いだけなのかもしれないですが、僕が今まで体験してきた女性とは比べもにならないほど、極上なのです。
よくミミズ千匹とか数の子天井なんていう言い方をしますが、まさにそれだと思います。
挿入しているだけで腰を振らなくてもオバサンの締め付けで発射しそうなほど気持ち良いのです。
よくセックスよりもオナニーの方が気持ちいいから、彼女ができてもオナニーを止めれない男性がいるといいますが、まさにそれだと思います。ぼくにとってオバサンとのセックスはオナニーの数倍気持ちが良いのです。
でも、今の彼女とのセックスは彼女には悪いけど、オナニーの方が気持ちいいです。
いや、今の彼女だけじゃないです。これまでセックスしてきた女性も今の彼女とたいして変わりませんでした。だから彼女に問題があるのではなく、このオバサンのセックスが反則なほど気持ちいいのです。いつまでもこんな関係を続けるわけにいかないのも解っているけど、どうしても関係を終わらせることができずにいます(T_T)

 

セフレ 人妻熟女 通い妻のような関係


65:セフレ 人妻熟女 通い妻のような関係 810

セフレ関係にある人妻の聡子と知り合ったのは、半年ほど前になる。
聡子は当時、旦那の実家で旦那の両親や弟夫婦と同居していたのだが、肝心な旦那は単身赴任の状態であり、家のなかで肩身の狭い思いを毎日していて精神的にもかなり弱っていた。そんな聡子が出会い系サイトに安らぎを求めたのは仕方が無い自然の流れだったと思う。そのサイトで僕と聡子は出会い、ごくごく自然な流れで男と女の関係に堕ちて行った。
きっと聡子夫婦に子供がいなかったことも彼女を追い詰めた原因のひとつだと思う。
彼女は昼間、毎日のように僕に会いにきては、「離婚をしたい」と嘆いていた。
しかし、彼女が離婚をしても僕はどうしてあげることもできない。
それは、僕も妻と子がいて単身赴任の状態であるからだ。
しかし、僕が妻子もちであることは聡子には話していなかった。
そんな生活が2ヶ月ほど続いたとき、聡子の旦那が単身赴任から帰ってきた。これで僕たちの関係も終わるかと思ったが、聡子は来る回数こそ減ったが、僕との関係を継続するという選択をした。そして聡子が前ほど「離婚したい」といわなくなったので、夫婦の仲もある程度修復できたのだと思い、僕は聡子に結婚している事実を告げた。聡子はそれから姿を見せなくなった。
やっぱり相当ショックだったのだろうと思い、僕も反省と後悔をしていたが彼女が終わりにしたいのなら仕方がないと諦めてもいた。
それから1ヶ月ほどがすぎ、突然聡子が僕を訪ねてきた。なんでもまた旦那が単身赴任として半年ほど留守にすることになったらしく、寂しさに耐え切れなくなったから前のような関係に戻りたいという訴えだった。
前のように毎日来る事はなくなったが、今でも週に2回くらいは僕のうちにやってきて、洗濯、料理、掃除などをやってくれる。もちろん、会いにきてくれたときは毎回愛しあう行為もやっている。僕の家に本当の奥さんが来た事は単身赴任が始まって1度もないので、この先も来ないだろう。

 

黒ギャル 神待ち 10代


9:黒ギャル 神待ち 10代 855

金曜と土曜、毎週末の楽しみとしているのが出会い系サイトで神待ち娘を発掘することです。以前は出会い系サイトを利用している女の子は援助などの割り切り希望ばかりでしたが、最近では「神待ち」という有難い言葉のおかげで援助を希望する以外の女性も多く出会い系サイトを利用するようになりました。神待ちとは、知っている人も多いでしょうが、家出などをした少女が泊まる場所を提供してくれる男性のことを「神」と呼んでいることから、それらの男性に声を掛けられることを待っている女性のことを「神待ち」と言います。
このような神待ちをしている女性の多くが10代という現状です。もちろん、泊めてあげる見返りとしてセックスすることが目的なので、18歳以下の未成年女性を泊めてもエッチできませんので意味がありません。神待ちしている女性が確実に未成年ではないというのが絶対条件なのです。とくに神待ちの女性は夏になると増える傾向にあるので、今からのシーズンは毎週必ずと言っていいほど、神待ちをしている女性がサイトの中に登場してきます。後は、他の男性に捕まえられてしまう前にゲットするだけです。
神待ちをしている女性のなかにはセックスNGという娘も多いので、最初からエッチなメールをすることは控え、紳士的な男性を装うようにしましょう。部屋に入れてしまえば、大体の女性が最終的にエッチまでやらせてくれるから焦る必要は一切ないですよ。
先週末の土曜日にゲットした神待ち女性も、やはり18歳という10代の女性のでした。実家くらいらしいのですが、姉と喧嘩をして実家に帰りたくないとプチ家出をしている状態でしたね。いつもならホテル代を浮かすために、部屋に連れ込むのですが、この女性はなんとなく嫌な雰囲気があったので、家を知られると後々面倒だと思い、近くのラブホテルに泊まることにしました。当然のようにセックスしたけど、ちょっと時代遅れの日焼け黒ギャルだったので、あんまり俺の好みの女性ではありませんでしたね。
黒ギャルは言葉使いが横着な娘が多いので好きではないのです。

 

6人目でやっと会えたエロすぎる人妻


10:6人目でやっと会えたエロすぎる人妻 899

仕事が休みだった先週の土曜日、2週間くらい前からメールをしていた26歳の女性にドタキャンされてしまい、どうしてもセックスしたい気持ちを抑えることができず、誰でもいいからエッチできる女性をゲットしようと1日中ずっと出会い系サイトばかりやっていました。やっぱりすぐに会えるという娘は、騙しや冷やかしが多いのか、待ち合わせをしても、連続4人にドタキャンというかスッポカシされてしまいました。
午前中から初めて、もう夕方近い時間だったので、諦めかけていたのですが、1人の人妻とコンタクトを取ることに成功しました。また、スッポカシされる覚悟はあったのですが、彼女が指定した待ち合わせの場所が家から車で10分以内の場所だったので、一応行ってみることにしました。彼女も車で来るという話だったので、相手の車種と色は聞いていたのですが、私が待ち合わせ場所に着くと、聞いていた通りの車がすでに止まっていました。とりあえず様子をみようと、車の前を一度通り過ぎると、確かに車の中に女性が1人乗っています。しかも一瞬でしたが美人のように見えました。
車を隣に止め、「○○さんですか?」と声をかけると、「はい。○○さんですよね?」と答えてくれました^^
本日6人目にしてやっとゲットできた人妻さんです(^u^)
とりあえず車の中で話をしていると、旦那さんは出張で今は家にいないらしく、時間は十分にあるということだったので、一緒に晩御飯を食べに行くことにしました。お酒も飲みたかったのですが、お互い車だったので飲めません。それでもなんとかエロトークに持ち込むことに成功し、食事の後のドライブで少し強引にホテルへと連れ込みました。彼女は最初からセックスする気があったのでしょう。洋服を脱ぐとピンクの勝負下着を着ていました。女性の写真を撮ることが私の趣味なので、下着姿やヌードを撮らせてもらっていると、彼女が「なんかシャッターの音を聞いていると興奮してくるね」といって、そのままズボンのチャックを下して、フェラチオしてくれました。それからは写真を撮ることを忘れて、無我夢中で彼女とセックスしました。この日、1日苦労した甲斐がありました(笑)

 

背伸びをしたい女子大生


11:背伸びをしたい女子大生 879

出会い系サイトで現役の女子大生と会う約束をしました。
会う約束をするまでの流れは、皆さんとほぼ同じだと思いますので、詳しくは書きませんが相手のメールアドレスを聞き出して、数日メールのやり取りをした後に会う約束を取り付けることに成功したというパターンです。
会ってみるとこの女子大生、プロフィールではカワイイ系となっていたのですが、どちらかというとカワイイ系というよりも、キレイ系だと思いました。
身長も165以上はありそうですし、黒髪セミロングという髪形も良かったです。
彼女もカワイイと言われるよりも、キレイと言われたほうが嬉しいと言っていました。
それにしては、ちょっと洋服が高校生みたいなギャルっぽい感じだったので、私は洋服をお姉さんっぽいのに替えると、さらに大人っぽく見えるのでは?と簡単なアドバイスをしてあげました。この日はランチに行くという約束で会うことになっていましたが、急きょ予定を変更して、彼女に洋服をプレゼントすることになりました。
一応、前日にパチンコで7万勝っていたので、懐には余裕があります(笑)それでも、予算1万円までね!と言って一緒に買い物に行きました。
とりあえず、わたしが彼女に似合いそうな服を数点ピックアップして、その中から彼女がどれにするか決めるという感じです。8000円弱のワンピースを気に入っていたので、それをプレゼントしてあげ、その洋服に着替え食事に行くことにしました。ランチでしたが、とりあえず昼間からビールを飲み、二人とも軽く酔ってきたところでエロトークスタートです(笑)
私はせっかく大人っぽい服なんだから下着もそれなりに大人っぽいのを着けないと駄目だよという話から、「今はどんな下着なの?」みたいな感じで、軽くブラ紐を見せてもらったり、下着の柄を聞いたりしました。そして、話が盛り上がったところで、一緒に下着をプレゼントするかといって買いに行き、スケスケのセクシー下着を買ってあげました。もちろん、その下着を着けている姿をみたいとか言って、そのままホテルに連れ込み試着させました。その後のことはご想像におまかせします(笑)

 

出会い系が初めての純情女子大生をゲット 20歳


12:出会い系が初めての純情女子大生をゲット 20歳 854

20歳の現役女子大生をゲットすることができました。
彼女の名前は加夏ちゃんといいます。なんと加夏ちゃんは、今回出会い系サイトをするのが初めだったのです。なので、当然ですけど出会い系サイトで男性と会うのも初めてだといっていました。メールで話しているときは、「本当かよ??」と疑っていたのですが、会って話をしてみると、すごく純情な娘で、出会い系サイトを使うのが初めてだということにも納得できました。
ちなみに加夏ちゃんが初めて出会い系サイトに手を染めてしまった理由を聞いたのですが、「ルームシェアをしている友達と喧嘩をしてしまい、家に帰るのが気まずくなった」からだそうです。喧嘩の理由は聞きませんでしたが、家に帰りたくないといっているのでチャンスなのは間違いありません(笑)
とりあえずお腹が減ったという加夏ちゃんを居酒屋に連れて行き、ご飯とお酒をご馳走しました。人生で2度目のお酒だったらしく、少しの量だったにもかかわらず、すぐにグテングテン状態に酔ってしまい、仕方なく私のアパートへ連れて行き介抱してあげることにしました(笑)もちろん、エッチな気持ちはなかったですよ。あくまでも介抱するためです(笑)
部屋のベッドに寝かせて、「なんか具合悪い、暑い」とうわごとの様に加夏ちゃんがつぶやくので「暑いの?じゃあ、パジャマに着替えなよ」といい、加夏ちゃんのスカートを脱がせてあげました(笑)パジャマを着せようとしたのですが、「暑いからこのままで良い」というので、上はTシャツ、下はパンツという状態のまま一緒の布団で寝ることにしました。
布団の中でコッソリ加夏ちゃんのパンツを触ると、軽く湿っている感じがします。そこで加夏ちゃんに「なんか濡れているね。もしかしてエッチな気分なの?」と尋ねると、加夏ちゃんは恥ずかしそうに「うん」と答えてくれました。その後セックスをしたのですが、セックスの途中に2回ほどゲロを吐きに行く加夏ちゃんを見ていると、なんだかエッチな気分も半減してしまい、結局その日は1回しかセックスできませんでした。

 

トップへ戻る